TOP 子育てWiki 妊娠・出産 産後 出産後の退院時のポイント

産後
執筆者: 一般ユーザー さん
履歴   変更を提案 削除

 出産後の退院時のポイント

出産後の退院時のポイント

赤ちゃんとお家に帰るのは、待ち遠しくとても楽しみですよね。ここでは、入院したときとはまた違う、退院時の服装、移動手段、持ち物や夫婦で役割のもてるポイントをご紹介します。

服装

赤ちゃん
おくるみで包んであげましょう。ほんの数日前までは、お腹のなかで丸くなっており、お母さんに包まれていたのですから、まだ包んであげるのが安心できるのです。また、急な温度変化や乾燥から守る意味もあります。

お母さん
出産してすぐに体が元通りにはならなくて、切開した場所の痛みや足のむくみなどがみられます。入院前に履いていた、ズボンや靴が窮屈に感じるかもしれません。スリッパや柔らかい素材のスパッツなどを準備されてると良いかもしれません。

付き添いの方(お父さん、実両親、義両親など)の役割

お母さんと赤ちゃんの退院に付き添われる方は、お母さんの荷物や病院の手続きなど積極的にこなしてあげて下さい。

赤ちゃんは生まれたばかりなので首も座ってませんし、ふにゃふにゃして小さいです。お母さんは、両手を使って抱っこするので荷物や病院の手続きなどは難しいのです。また、赤ちゃんはぐっすり眠っていても周囲の状況変化で急に泣きだしてしまうこともあります。はじめての母子での外出はとても緊張するので、気持ちを汲んでサポートしてあげて下さい。

病院から帰る方法

親子で帰る方法は、バス、電車、タクシー、マイカーになると思います。

マイカーで帰宅する際は、0歳~チャイルドシートが義務付けられているので、必ず準備しましょう。

タクシーの場合は業務上頻繁に自動車に乗り降りすることが想定されるので、チャイルドシートは現段階では不要とされています(道路交通法施行令ー第26条3ー2ー3第6号)。

参考

出産後のママと赤ちゃんの退院について|赤ちゃん行事カレンダー

チャイルドシートQ&A|神奈川県警

2019/02/12 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント