TOP 子育てWiki 生活・仕事 離乳食 アレルギー以外に注意したい食べ物

 アレルギー以外に注意したい食べ物

離乳食が始まり、最初はうまくいかなくても、だんだん順調に進んでくると、いろいろなものを食べさせてあげたくなると思います。その際、食物アレルギーに気をつけるのはもちろんですが、その他にも、食べさせる時に注意しなければいけない食べ物があります。​

生魚

加熱していない魚は消化しにくく、消化器官が未発達な赤ちゃんには、避けたい食べ物です。また、抗体のできていない赤ちゃんは、加熱していない食べ物により、細菌感染しやすいので、食中毒の危険もあります。

はちみつ

砂糖よりもヘルシーなイメージのあるはちみつ。しかし、はちみつには、ボツリヌス菌という細菌がいます。特に1歳未満の赤ちゃんには、与えないようにしましょう。

ナッツ類

栄養価の高いナッツ類ですが、アレルギーが起こりやすい以外にも、固くて噛みにくい為、赤ちゃんには、とても食べにくい食べ物です。窒息の危険もあるので、アレルギーがないようであれば、3歳を過ぎるまではすり潰してあげましょう。

チョコレート・コーヒーなど

チョコレートやコーヒーには、カフェインが多く含まれています。紅茶や緑茶もカフェインが多いので、避けましょう。また、チョコレートは糖分が多い為、虫歯になりやすくなります。幼児期は避けた方が良いでしょう。

塩分・油分の多いもの

塩分・油分の多いものは、消化器官が未発達な赤ちゃんの体に、負担をかけてしまいます。また、味の濃いものは、その味を覚えてしまい、薄味のものを食べなくなることもあるので、注意しましょう。

参考文献

赤ちゃんに食べさせてはいけない食材はコレ! | クックパッド

【離乳食】NG食材・要注意食材リスト|ママニティ大百科

2018/01/24 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント