褒めることの大切さ

就学前までの子どもが小さな間は、たくさん褒めた方が良いと言われています。その理由についてまとめてみました。

下の子におもちゃを貸せた、など日常生活の些細なことでも良いので、それを褒めることが大切です。

褒められて育つ子どもの特性

自信がつく

自信がつくと、新しいことに対して、チャレンジする気持ちが身につきます。そしてそれは、褒められたこと以外にも、繋がっていきます。

他人の個性を認めることができる

たくさん褒められて大きくなった子どもは、今度は周りの人の長所を見つけ、褒めることができます。

自分と比べて優劣をつけるのではなく、周りの人の個性をしっかりと認めることができるようになります。

褒めることで親が成長する部分

日々の子どもの言動の成長に気付く

褒めることを日々心掛けていると、親は子どもの良いところを見つけることが、とても上手になります。

子どもの個性を認める

褒めることを続けていく内に、他の子どもと比較することが減ります。それは、子どもの個性を認めるという行為に繋がるのです。

どのようにして褒めれば良いか

些細なことも含めて褒める

上手に出来たことばかりではなく、下の子におもちゃを貸せたなど、日常生活の些細なことでもまずは褒めることが大切です。

具体的に褒める

凄いね、上手だねなど、単に褒めるのではなく、紙いっぱいに描けるようになったね、など出来たことの内容を具体的に褒めます。

参考サイト

「すごいね」「えらいね」褒めるつもりが、ただの『評価』になっていませんか? | Conobie[コノビー]

才能ではなく○○を褒める!? 子どものやる気を引き出す声がけをやってみたら… | Conobie[コノビー]

叱ると褒めるのベストバランスって!? 躾には「サンドイッチフレーズ」が断然効果的なワケ - It Mama(イットママ)

2018/09/05 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント