みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

一覧へ

ハイローチェア
執筆者: 一般ユーザー さん
履歴   編集   削除

 ハイアンドローチェアの選び方と使用方法

ハイアンドローチェアとは

ハイアンドローチェアとは、「ゆりかご・簡易ベッド・椅子が1つになったもの」です。

赤ちゃんを乗せて揺らす以外にも、背もたれを倒して簡易ベッドとしてちょっとしたときに赤ちゃんを寝かすことができます。また、背もたれを起こして椅子として、離乳食を含める食事の際にも活躍する便利なアイテムです。

選び方

ハイアンドローチェアは、リクライニングや高さが変えられる分、場所をとるので、部屋のスペースを考えて選ぶとよいと思います。

また、赤ちゃんを乗せてゆらゆら揺れる「スウィング機能」が手動と電動タイプがあります。電動タイプは自分で揺らさなくてよいので、楽に使用できますが、値段は高いです。

5~6か月を過ぎると赤ちゃんは動き出すので、スウィング機能の使用頻度が少なくなる場合もあるかと思います

赤ちゃんとママパパとの生活スタイルをよく考えて選ぶとよいと思います。

使用方法

赤ちゃんを乗せて揺らして、ご機嫌をとる。

赤ちゃんは心地よい揺れをとても好みます・

動き出す前の5~6か月頃までは、親が食事をとる際など、ダイニングテーブルの横にハイアンドローチェアを置いて、少し揺らすとご機嫌になることがあり便利です。

背もたれを倒して簡易的ベッドとして利用する。

特に新生児~6か月頃までの赤ちゃんは眠たそうなとき、ゆらゆらと揺らしているとスムーズに眠ることがあり、抱っこよりも楽に寝かしつけができます。

ハイアンドローチェアは、キャスターが付いており、移動可能で、高さ調節ができます。

赤ちゃんが無事眠ったら、暗い部屋に移動することもでき、臨機応変に対応することができます。

起こしてベビーチェアとして利用する。

離乳食が始まる5~6か月以降はベビーチェアとして使用できます。

テーブル付きタイプのハイアンドローチェアもあるので、親が食事をとる横で赤ちゃんに離乳食やおやつなどをあげることができます。

参考

ハイローチェアのおすすめ10選!電動が人気なの?

あると便利!でも必要?ハイローチェアの選び方

2018/02/13 20:32 更新
Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

コメント

0

新規コメント